NPO法人ティーンズサポート

寄付のご案内

10代の性の健康を守ることは社会的に急務ですが、ティーン価格を実現するには皆様のご支援が不可欠です。設立の趣旨にご賛同いただきご支援をいただけますよう、お願い申し上げます。

詳細はこちら
理事長プロフィール 理事長

清水(須藤)なほみ
(しみず(すとう)なおみ)
ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長
広島大学医学部医学科卒
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会

著書:「Dr.半熟卵のつぶやき」「わたしを知るLOVE BOOK」「ラブ・コミュニケーション」他
詳しくはこちら。

ティーンズサポーター大募集

ティーンが気軽に来られる雰囲気を作ったり,来てくれたティーンと話したり、一緒に避妊や性感染症のことを調べてみたりとティーンをサポートする活動を行ってくれるサポーターを募集します。
もちろん、医師や看護職など専門家も全面的にバックアップします。
あなたの力を貸してください。
詳しくはこちら。

最新ニュース

ティーンズルーム開設しました!(2009-07-19)

スタッフブログ
ティーンズルーム日記。
http://blog.teens-support.org/

→ティーンズルームで日々起こることなどを写真入りで紹介します。

ケータイサイト
http://mobile.teens-support.org/

QRコード

あなたの1000円で「中絶」「性感染症」からティーンを救えます

これ以上悲しい顔をして欲しくない・・・

毎日の診療の中で出会う患者さんの中には、セックスにともなう深刻な悩みをやっとの思いで打ち明けて くださる方もいらっしゃいます。
特に、10代の若い患者さんから「やっぱり産めません。でも赤ちゃんを殺すのはもっといや・・・」「クラミジ アにかかってたって言ったら彼が『お前が浮気したんだろ』って・・・」といったご相談を受けるたびに、なぜ こんな辛い思いをする前に防ぐことはできなかったんだろうかと感じずにはいられません。
本来、愛を伝え合ってお互いが幸せになるはずのセックスで、こんなに傷ついている若者たちがいる。
「知らない」というリスクを抱えたまま、危険な行動を繰り返してしまってるなんて悲しすぎる。
誰にも言えず、不安だけを抱えて、ネット上でしか相談することができずにいる彼らを何とかして救いたい・・・
そんな思いから生れたのが、ティーンのための街の保健室「ティーンズルーム」です。

1000円でできること

ティーンズルームは、10代の「お金はかけられない」「親にバレたくない」「年の近い人に相談したい」というリクエストに応えました。
<ティーンズルームの特徴>
*保険証不要
*匿名で検査可能
*ティーンズスタッフによる無料相談
*ワンコインからのティーン向け価格

通常、病院でクラミジアの検査を受ければ約5000円。
保険証を使えば3割の約1500円ですが、親にバレてしまいます。
ティーンズルームでのクラミジア検査も、本来は約1500円のコストがかかります。
これを何とかして「お小遣い価格」の500円で提供したいと考えました。
そのためには、1人の検査につき1000円のサポートが必要です。
あなたの1000円があれば、1人のティーンがクラミジアの検査をワンコインで受けることができます。
お小遣い価格で検査や相談を受けることで、1人で不安を抱えたり悩んだりしているティーンが安心して素敵な恋愛ができるようになるんです。
よかったらあなたも、10代の性の健康を守る「ティーンズサポーター」になりませんか。

趣旨にご賛同いただけたら、寄付をお願いします


[スポンサー広告]
バナー広告の出稿承ります バナー広告の出稿承ります バナー広告の出稿承ります